2017年6月23日 スタジオ 指導日






2017年06月25日(Sun)
2017年6月23日 スタジオ 指導日
今日は梅雨の晴れ間で、朝からとても暑かったですね!
初めての鍵当番でしたが、メンバーに助けてもらい、無事終えることができました。
以下、練習内容です。

☆ラジオ体操
☆呼吸、ストレッチ
☆発声(ERIKOさんの指導)

♪あなたに
 ・A「ひとに〜されたとき」の「さ」、B「そのなかで」の「の」、サビ「あなたに」の  「た」(ソプラノとメゾ
  ...高温で到達が遅いので、初めからポーンと出るようにしたい。
 ・B「おおすぎて」...レガートに流されないように。
 ・C「なやんだばい」=「悩んだ倍」...方言ではありませんよー^^じ
 ・C「ぼくの」...言葉を大切に
 ・D「ねむれないよる」(ソプラノとメゾ)...のっぺりさせず、気持ちを込めて。
 ・E「こんなよのなか だれをしんじて」(メゾとアルト)...コード感が変えてある。   ちゃんと嘆いている感じを出して。
 ・E「てをとってくれますか?」(ソプラノ)...もっと誘うように。
 ・F...ここからリズムがタテになるので、ピアノに乗って。

♪ふるさとの四季
【故郷】・歌い出し「う」...自信を持って。
    ・最後のrit.はもう少しつけたい。
【朧月夜】・48「いりひ」...落ちないように響かせて。
     ・56「そよふーく そーら」...スラーは母音がきれいに動くところ。弦楽器的      に。
     ・1番の最期「あわし」...ぽわっと。
     ・2番の歌詞も頭に入れましょう。
【鯉のぼり】・最後「すがたあり」...伸ばさず、一拍でちゃんと切る。!”
【茶摘】・ピアノの左手に乗って軽やかに。
    ・メゾは2番頑張って。
    ・最後「Hum.」忘れずに。
【夏は来ぬ】・121「におうかきねに」...綺麗に上がりたいところ。
      ・122「ほととぎす」...「ほ」はhの発音をしっかりと。
      ・124「しのびねもらす」...アルトはもっと出て。きて
【われは海の子】・134「いーそべの」の「いー」...ソプラノは音が高いので、お腹を          使って”キイ−!”とならにように。
        ・アルトは音を確実にして、重厚感を出す。
【村祭】・「ドーンドドンドン」は祭の音がだんだん近づいてくるように。(180で実質f     に到達)
【紅葉】・241「やまもみじ」(アルト)、250「やーまの ふもとの」(メゾとアルト)     は大事に歌う。
    ・2番は歌詞がまだ入っていないのかバラバラな感じがする。
【冬景色】・275「からすなきて〜むぎをふむ」(アルト)...地声でOK。宝塚の男役のイ      メージ。
【雪】・315「Uhー」...楽譜ではpだが、mp→p→mp→pにして雪が降り積もる感じを出し    て。忘れずに☆
【故郷】・入りはアカペラのユニゾン。もっと小さく入りたい。
    ・337「こころざしを〜」から転調し、コード感がパッと変わる。
    ・367の終わりでブレスを取る。

♪時の旅人
 ・ボリュームを落とすところは落として。

指導の中で、ちはやさんが「毎回気持ちを込めて歌うことで、自分自身も楽しくなる」ということを熱く語られていて、今日はそれがとても心に響きました。
まだまだ楽譜が手放せませんが、曲を覚えてそういう楽しみ方もできたら素敵ですね。


   






カレンダ
2017年6月
       
25  

アーカイブ
2013年 (49)
3月 (1)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (6)
7月 (7)
8月 (3)
9月 (6)
10月 (7)
11月 (7)
12月 (3)
2014年 (53)
1月 (5)
2月 (4)
3月 (3)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (7)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (3)
2015年 (48)
1月 (3)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (3)
9月 (4)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (3)
2016年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (3)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2017年 (51)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (5)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (7)
7月 (5)
8月 (3)
9月 (7)
10月 (3)
11月 (3)
12月 (1)

アクセスカウンタ
今日:799
昨日:2,085
累計:755,919